音楽業界で働くのに必要なノウハウとは

>

音楽の感性は必要か

音楽が大好き、小さなころから様々な音楽に触れてきた。
そして大人になったら音楽に関係する仕事に就きたい等と夢を抱き、努力を続けてきた人たちは多く存在しています。
その中には幼少期から天才肌だと称され、高く注目されてきた人もおられるでしょう。
とはいえ、音楽業界を見回してみても、こうして評価された人全てが音楽業界で大成しているわけではないのが現実です。
演奏するのは秀逸なのに、業界人になったとたん全く名前を聞かれなくなった等という人も存在します。
素晴らしい感性を持っていても、音楽業界で生き残れるというわけではないということを感じてしまうほどです。
では音楽業界で働く上で感性は必要のないものなのでしょうか。
音楽業界の業界としてのノウハウさえ理解していれば、業界で評価されるような結果を出せるのが現実なのでしょうか。

繊細な芸術を形にする仕事だからこそ

音楽業界に感性はNGなのか。
そんなことはありません。
その理由は音楽そのものの存在意義にあるからです。
音楽とは私たちにどんな効果を与えているか。
それを踏まえれば音楽と感性が無関係であるはずがないことはよく分かることでしょう。
音楽は、人の心を癒し、励まし、元気づけ、時に寄り添ってくれます。
繊細な心に、まるで全てを理解して寄り添う友のような存在となってくれるものでもあります。
繊細な心に寄り添えるだけの繊細な芸術品である音楽に、感性は必要不可欠なものなのです。
ただしただ感性を携えていれば良いということではありません。
業界で働く以上はいわゆる強さも必要でしょう。
そしてこの強さ、しなやかさを感性と上手に組み合わせることが音楽を仕事とするうえで重要なポイントになってくるのです。


好きを仕事にするために必要なこととは

この記事をシェアする