音楽業界で働くのに必要なノウハウとは

>

音楽業界を構成するものとは

音楽はどのように世の中に広まっているかを考えてみましょう。
例えば誰かが口ずさんだ音楽が存在したとします。
ふいに口ずさんだだけの音楽なら、その周辺で聞いている人にしか届きません。
どれだけ素晴らしくても、その場で終了してしまうものです。
それを聞いている人は良い機会に立ち会えたと感動するでしょうが、しかし素晴らしい音楽をその場限りにしてしまうのは本当にもったいない。
そのために誕生した音楽が世の中に広まるための活動が必要になるのです。
これを、音楽業界を構成するための活動といいます。
音楽業界を構成する活動には、宣伝、流通、販売、制作といった活動が必要不可欠です。
しかも、このどれかが欠けてしまっても音楽は様々な人に届かなくなってしまいます。

業界を構成する活動にも感性は必要

音楽業界を構成する4つの活動である宣伝、流通、販売、制作は、基礎となる活動ですが、ここに音楽に対する感性が必要になってくるのです。
例えば音楽の素晴らしさをよく理解していない人が会社の指示でCDを販売することになったとき、販売店に説明するにも、また消費者に宣伝するにも言葉が出てきません。
多少の売り文句を身につけたとしても、そこに情熱は感じられません。
音楽を愛する人には、音楽業界に携わる人に音楽に関する感性が存在しているか否かを感じ取る能力があります。
愛ある人かどうか音楽を愛する人は皆分かっているのです。
ただし感性があればいいというわけではありません。
必要な感性と、その向かう方向性を間違えれば、成功への道は遠のいてしまうこともあるのです。


音楽を世に流通させるために必要なこと

この記事をシェアする